白内障について

白内障

目の中にある水晶体は、もともと透明で光を良く通すのですが、何らかの要因によって白く濁ることがあります。これが白内障です。年齢を積み重ねるにつれ、体の様々な組織も老化していきますが、水晶体も例外ではなく、クリスタリンと呼ばれる蛋白質成分が変性し、見えにくくなっていきます。

白内障を患ってる患者様は非常に多く、80歳以上では殆どの方が白内障の状態にあると言われます(病気の進行度合いの差はあります)。

加齢以外にも、糖尿病などの病気、薬剤の副作用、外傷、紫外線、喫煙などが原因となることもあり、比較的に若い方でも白内障が見られることがあります。

このような症状の方は眼科にご相談を

  • 人の顔がぼんやりとかすんで見える
  • 老眼鏡をかけても物がはっきり見えない
  • 明るい日に外出すると、目がまぶしく感じる
  • テレビやパソコンの画面の文字を読んでいると、目が疲れる
  • 老眼鏡をかけても、小さな文字が読みにくい
  • 暗いところで物が見えにくくなった
  • 物が二重三重に見える
  • 運転中のライトの光が以前よりも眩しくなった

白内障の治療について

治療にあたっては、病気の進行度合いなどを勘案し、薬物療法または手術療法を選択します。白内障は水晶体が濁る疾患ですが、この水晶体は再生されません。一度濁ってしまうと、その症状を回復させることは不可能なのです。そのため、薬物療法を行う際には、白内障の進行を遅らせることに重点が置かれます。具体的には、ピレノキシンやグルタチオンなどの点眼薬が用いられます。

しかし、視力低下などが進行し、日常生活に支障を来たすようになった場合は、手術療法が必要になります。幾つかの手技がありますが、現在の主流は超音波水晶体乳化吸引術です。角膜の脇をほんの少し切開し、そこから手術器具などを入れて水晶体の前面を丸く切除します。その後、水晶体を砕きながら吸引し、その部位に眼内レンズを装着します。

日帰り手術にも対応しています

当院では、日帰り手術も行っております。患者様の目の状態によって異なりますが、手術時間は概ね15分前後です。入院の必要はありません。

なお、日帰りではなく、病院に入院して手術を行ないたいと考えておられる患者様には、提携医療機関をご紹介いたします。患者様のご要望を伺い、最適の方法をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

白内障手術の流れ

  1. 点眼麻酔または注射で局所麻酔をします。少ししみる程度で痛みはありません
  2. 角膜の脇を2㎜ほど切開し、水晶体の前面を覆っている前嚢を丸く切除します
  3. 水晶体の内部に水を入れ、濁った水晶体の中身を超音波で砕きながら、同時に吸い取ります
  4. 中身の取り除かれた水晶体嚢の中に、小さく折り畳まれた眼内レンズを挿入します
  5. 切開創を閉鎖させれば、水晶体嚢の中に透明な眼内レンズが収まります